ネコピアノの子猫販売譲渡条件

子猫販売譲渡条件

猫ちゃんの幸せのために誠に勝手ながら譲渡条件を設けさせていただいております。下記をご一読頂けますと嬉しいです。

譲渡条件

以下の条件を守っていただけることをお願いいたします。

1.家族の一員として生涯愛情を注いであげてください。

猫ちゃんには人間の2歳児の知能があると言われています。ネコピアノの猫たちはとても人懐っこいのでたくさん可愛がってあげて下さい。飼い主様の愛情にきっと応えてくれることと思います。

2.完全室内飼いでお願いいたします。

室外で飼育をすると病気、怪我、盗難のリスクが非常に高くなります。また近隣のお宅へのご迷惑となることもあり、ご近所トラブルに発展してしまうこともございますので、必ず室内飼いでお願いいたします。

3.1年に1回、もしくは3年に1回3種混合ワクチンを接種してください。

ワクチンを接種することで風邪をひいても症状が抑えられたものとなります。獣医さんによっては生後2年以降は3年に1回のワクチン接種を勧められる場合があります。かりつけの先生のご判断を仰いでください。

4.家族の中に猫嫌い、もしくは極度の猫の毛アレルギーの方がいないこと。
5.小さいお子様がいらっしゃるご家庭では、

子猫がお子様のおもちゃにならないよう常に気を付けて下さい。

このようなことが以前あったそうです。
お子様は猫ちゃんをとても可愛がっており、お人形さんごっこの要領で毛を切って可愛くしてあげようとしました。しかし、手元が狂って猫ちゃんの耳を切ってしまいました。猫ちゃんは恐怖のあまりお子様を傷つけてしまいました。その後、猫ちゃんはお子様を怖がるようになり、一緒に住むことは難しくなってしまいました。

もちろんお子様に悪気はありません。罪のない猫とお子様を守るためには、大人がしっかり動物との接し方、してはいけないことを教えてあげなくてはなりません。猫を飼育することを通して、動物を大切にする心、責任を持って動物を飼うということ、ルールをしっかり守るという習慣をお子様が持つことができれば、それはお子様にとっても財産となります。

猫は突然の動き、無理やりな抱っこ、大きな音などが苦手ですので、接し方にお気をつけください。猫はストレスで病気になってしまうことがあります。

6.生後6〜10か月の間に、避妊・去勢手術をしてください。

手術の時期は獣医さんにご相談ください。一度スプレーの癖がついてしまうと、非常に臭いおしっこを家中にまきちらし、一緒に暮らすことが難しくなってしまいます。

7.ご連絡先に変更がある場合は、必ずお知らせください。

何らかの事情で猫ちゃんが飼えなくなった場合は、必ず家族の一員として大切にしてくださるご家庭を探してあげてください。猫はその家事態に馴染むので、お引越しはかなりのストレスとなります。里親探しが難しい場合は、ネコピアノまでご連絡ください。

8.転売は絶対にしないでください。
9.6頭以上の多頭飼いの方はご相談ください。

多頭飼いは病気のリスクが高まりますので、おうちの間取りや、ケアができる状態かどうか、ご相談させて下さい。

生体売買契約書

生体売買契約書(pdf)

猫ブリーダーネコピアノのラグドール子猫情報
猫ブリーダーネコピアノのベンガル子猫情報
猫ブリーダーネコピアノのアメショー子猫情報
猫ブリーダーネコピアノの子猫販売

猫ブリーダー・ネコピアノCONTACT

メール

猫ブリーダー・ネコピアノSNS

instagramblog

ネコピアノ

ネコピアノ音楽スクール

TOP